情報

このトピックには9件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 ヶ月、 4 週間前D D さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #790
    D
    D
    モデレーター

    冒険中に得られた情報をまとめたものです。

  • #798
    D
    D
    モデレーター

    重要情報

    死の呪:一度死に、蘇生の奇跡で生き返った者がかかるという呪。徐々に消耗し、いずれ死ぬという。これによって死んだ者は二度と蘇らない。この呪の原因は「ソールモンガー」という死霊術のアーティファクトによるものだと思われる。
    ソールモンガー:死霊術のアーティファクト。詳細は不明。この強力なアーティファクトによって、死の呪が引き起こされているとされる。このアーティファクトはチャルトの何処かに有る事だけは分かっている。

  • #799
    D
    D
    モデレーター

    その他の情報・1

    チャルト:フェイルーン大陸の南西部にある半島。熱帯の地で、ジャングルに覆われている。かつては大きな王国が存在したが、現在では滅びておりその遺跡が残るのみとなっている。半島広くにアンデッドが徘徊しており、その影響で調査が出来ず半島の全容が分からなくなっている。

    Attachments:
    You must be logged in to view attached files.
  • #801
    D
    D
    モデレーター

    その他の情報・2

    ナイアンザル港:チャルト唯一の都市であり、チャルトにある数少ない人の生存圏の一つ。

    ナイアンザル港の地区
     ・旧市街区:ナイアンザル港の城壁の外にある地区の一つ。城壁の中での家等を買うことができない住人が住む場所。下層階級の者が住む場所ではあるが、スラムというほどの場所ではない。
     ・商人地区:ナイアンザル港の実権を握る商王たちが住まう場所。ザウラス、ガンド、スーニーの寺院がある。
     ・湾港地区:ナイアンザル港の港。船などを借りることができる。。港長のオフィスがあり、ここで案内人を雇える。
     ・市場地区:ナイアンザル港の市場や商店などが集まる地区。買い物をする場合は基本的にここを利用する。
     ・マラーの喉頸:ナイアンザル港の城壁の外にある地区の一つ。スラムの様な場所で、治安が良くない。闇市などがあると言われている。タイモーラの寺院がある。
     ・ティリーキ投錨地:ナイアンザル港の城壁の外にある地区の一つ。恐竜の獣舎などがある場所であるため、そこで働く者達が住む場所でもある。

    Attachments:
    You must be logged in to view attached files.
  • #803
    D
    D
    モデレーター

    その他の情報・3

    7人の商王:ナイアンザル港の実権を握る7人の商人。皆、商人として力を持っており、それぞれナイアンザル港の市場を独占している。
    ウーブテイオ:チャルトで信仰されていた神。チャルト人の主神とされていた。
    ガントレット騎士団:邪なる者から他者を守るという誓いを立てた、善・守護・裁きの神であるドーム、ヘルム、ティアの神を信仰する騎士達よって結成された騎士団。世界各地で、その誓いの元活動している。チャルトでは、チャルトに住まうアンデッドを滅ぼすため活動している。
    正義の宿営地:ガントレット騎士団の駐屯地であった場所。対策の甘さが原因でアンデッドに攻め込まれ、放棄された。
    復讐の宿営地:ガントレット騎士団の駐屯地。正義の宿営地での失敗が生かされ、防備が固くなっている。
    アルダーニ:チャルトの湿地帯に住むザリガニ人間。かつては人間であったが、ザリガニの乱獲をしたためウーブテイオの怒りに触れこの姿に変えられたと言われている。
    フレイミングフィスト傭兵団:バルダーズ・ゲートに本拠地を置くソード・コースト最強の傭兵団。この傭兵団はバルダーズ・ゲートの大公の一人が経営するため、バルダーズ・ゲートの半国軍の様な役割を担う。チャルトではあまり良い噂を聞かないらしい。
    ベルアリアン砦:チャルトにあるフレイミングフィスト傭兵団拠点。
    オーロルンガ:案内人イークーによると、この遺跡にすごい祈祷師がいるらしい。

  • #804
    D
    D
    モデレーター

    噂話

    トバ王の話:カミツキガメ湾には、大きなカメツキガメがいる。その中でもとりわけ大きなカミツキガメはトバ王と呼ばれ、そのカメツキガメの背中の甲羅には多くの宝石が埋まっているとか。
    アーマグの話:チャルト湾にはアーマグというドラゴン・タートルが住んでおり、そこから海洋へと出て行こうとすると、このアーマグが宝物を要求してくる。どれだけの宝を要求してくるかは分からないが、言われた通り宝を差し出した方が良いらしい。
    ゴブリンに付いて:チャルトにもゴブリンは居る。ただ、この地のゴブリンは奇妙な仮面をかぶっているそうだ。
    シールド・ガーディアンの話:チャルトのジャングルの奥には、シールド・ガーディンが1体放置されている。制御用のアミュレットが無い為か、動くことは無いようだ。その場所には、それを作ったと思われる者の手記が残されていた。

  • #810
    D
    D
    モデレーター

    病気

    ぶるぶる病:チャルトに生息する蚊などの蟲を媒介とする病。確りと虫除けをしていないと苦しむ事となる。
    ノドビル病:チャルトの生水に住む寄生虫を体内に取り込むことで発症する病。高熱にうなされる。
    狂袁病:原因は不明だが魔法的な力によって狂気を引き起こされる病。青みがかった霧に包まれると引き起こされるらしい。

  • #813
    D
    D
    モデレーター

    その他の情報・4

    オムー:かつてチャルトで最も繁栄を極めた王国の王都。現在では滅びており、今は誰も住んではいない。このオムーの地下に、「ソールモンガー」と呼ばれるアーティファクトがあるとされる。

    9柱神の社:オムーがウーブテイオの恩寵を受けなくなってから、人々を導くようになった9柱神を称えるために造られた社。

    Attachments:
    You must be logged in to view attached files.
  • #816
    D
    D
    モデレーター

    その他の情報・5

    9柱神:ウーブテイオの恩寵を受けられなくなってから、オムーに住む人々に信仰される様になった神たち。全部で9柱いる。

    アイジン:9柱神のうちの1柱。アルミラージュの神。
    オボラーカ:9柱神のうちの1柱。ゾーボ(コアラに似た姿の魔獣)の神。
    ウォンゴ:9柱神のうちの1柱。スゥ・モンスター(猿に似た姿の魔獣)の神。
    モーア:9柱神のうちの1柱。ジャクーリ(蛇に似た姿の魔獣)の神。

  • #817
    D
    D
    モデレーター

    9柱神の伝説

    アイジンとオボラーカ:ある朝のことである、賢いゾーボは彼女の住む木のうろから出て、死につつあるオムーの民に告げた。ウーブテイオの神にオムーの民の良いところを認めてもらうため、私はお前達の長所をすべて集め、かの神にシチューこしらえることにしようと。そうした長所を捕まえるのは簡単なことではない、そこで彼女は狡猾なアルミラージュに手伝いを頼んだ。アルミラージュは煮込みの鍋にこっそりと〝無謀さ〟を入れた。彼女はそれを彫塑だと考えていたからだ。だが、ウーブテイオはシチューを味見したとたん吐き出してしまった。その日からというもの、ゾーボのオボラーカとアルミラージュのアイジンは不倶戴天の敵となった。
    ウォンゴとモーア:夜のことである。スゥ・モンスターがウーブテイオ神の宮殿に押し入り、オムー人の為に桶一杯ぶんの水を盗みだした。駆けつけたウーブテイオ神に見つかると、スゥ・モンスターはその桶をジャクーリの巣穴に隠した。ウーブテイオ神はジャングルの動物たちに、彼の水がどこに隠されたかを尋ねた。あいにく、ジャクーリのモーアは正直者で嘘を付けなかった。スゥ・モンスターのウォンゴはモーアがどのようにして彼を裏切ったかを知ると、絶対にこのジャクーリを捕まえて食べてやると誓った。

このトピックに返信するにはログインが必要です。